現役OLがゆく!古物市場潜入大作戦!!

古物商許可証を取得すべく、日々迷走している現役OLヤマピーです。 (現在許可証を取得、現役OL古物商として活動中) この古物許可証を取得すれば「お宝の市場」 古物市場に潜入できます!!

メルマガ登録・解除 ID: 0000242727
現役OLがゆく!古物商への道~副業から独立まで~
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ


無料メルマガ インフォマグ


「アフィリであっという間に100万円!!」のような 怪しい情報商材が流行ってますよね?

果たして、それはアナタにも可能だと思いますか?

それらとは全く逆とも言える地道な方法です!

↓ ↓ ↓

★★現役古物商が教える古物商許可証の確実な個人取得方法★★


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Google
前回は、ホームページで販売を考えている方に



申請書の記入上の注意を書かせていただきました。



今回は・・・私が1回目の申請で警察から付き返されたときの



原因となった使用サイトのURL記載についてです



正直どこまで書いたらいいのか困りますよね

(私だけ・・・)



わたしの場合、自己サイトは、あるせどり関連のサイトですぐに



用意できるものを準備していたんです。

(プロバイダーからちゃんとしたURLを借りたわけでは、ありません)



というわけで、エクセルで簡単な自分のサイトとアドレスを



記入したものを準備したんですけど・・・




警察からのコメントは、・・・



「WHOIS」でドメイン名を証明できるかたちのものを



出力して持ってきて



ということでした。





「WHOIS」って知ってますか?



私知らなかったんです



「WHOIS」っていうのは、



日本レジストリサービスという会社が運営しているサイトらしく



JPドメイン名の登録管理業務とドメインネーム



システムの運用を行っているらしいです

わかりますか?



会社用のサイトとしては、co.jp のついたアドレスをつかいたいものです。




やはり顧客への信頼感や安心感が違いますから。


co.jpのドメイン名をここで登録できるらしいです。



会社として運営しているのなら、co.jpドメインを

持っていて当然でしょと言う事でしょうか・・・




警察とか公的機関っていうのは、自分らの枠を



押し付けてくれますね。






ともかく「ドラゴン桜」で言ってた、「東大入って官僚になって



枠を作ってみろ!」みたいな・・・こういうことか。



「WHOIS」申請書を書く際の参考にしてみてください。







スポンサーサイト
Google
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://surfgirl1173.blog114.fc2.com/tb.php/13-0fc09e7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。